ドイツとカナダ?!
前編 「往路・ドイツ」
2000.10〜11

 
 
 ドイツとカナダ? 疑問は至極当然です。 タイトルを1つにしているということは一度に回ったんでしょうが(他人事)、非常に不自然な組み合わせです。
 過去2回の海外旅行は、純粋にクルマを見に行くために一人で行ったのですが、3回目は海外勤務の友人と留学中の友人を訪ねて、共通の友人である高校の同級生と行ってきました。 この同級生は新婚旅行で世界一周するほどの海外旅行好きで、化学研究職ながら旅行会社の社員以上の知識の持ち主(ある分野の元ロイ氏並み?)です。
 その友人がどこからか、AIR CANADAのヨーロッパ行きチケットというのを探してきました。 何でそんな奇妙なチケットを探してきたかというと、海外勤務の友人はドイツ在住、留学中の友人はカナダ在住ということで、「両方を一度に回れないもんかねぇ」と話していたからでした。 金額は130,000円ほどでヨーロッパ直行より4〜5割高かったのですが、両者とも残り在住期間が半年を切っていることもあって一度に回りました。
旅程図

 日本では見慣れないアメリカ中心のメルカトル図法(懐かしい!)で軌跡をたどると、上図のようになります。 ご覧のように、何度も海外旅行に行っている人でもあまりやらない、大西洋横断をやってしまいました。

 
 
 
 
1.往路
東京→ミュンヘン(ドイツ)

 
 出だしからアクシデントでした。 離陸間際にエンジンに不具合ということで、修理のため1時間少々遅れての出発。 A340とかいうエアバス社の中型機の真中の列で、今まで海外旅行といえばジャンボジェット(B747)の窓側ばかりだった私には少々窮屈な印象。 新婚3ヶ月の友人は機内から奥さんに電話をしていましたが、かなり高額だった様子。

 
海外旅行通の友人 ルフトハンザ機(フランクフルト空港)
まだ余裕がある友人
(成田→トロントのAIR CANADA機内)
乗り継ぎ待ちのフランクフルト空港で

 
 友人におんぶに抱っこだった私は呑気に構えていましたが、実はトロントでの乗り継ぎ時間はわずか1時間。 着陸間際の友人の落ち着かない様子にただならぬものを感じましたが、案の定間に合いませんでした。 代替便のチケットも用意せず、混んだカウンターに並ばせたAIR CANADAに、友人は憤慨しながらも英語で交渉していました。 自分一人だったら路頭に迷っていたかも。
 既に夜だったため当日のミュンヘン直行便はなく、代わりにフランクフルト行きのルフトハンザ機に乗ることになりました。 シート間隔が狭い上、両側に太った人が座ってさらに窮屈。 フランクフルト空港では、友人のルフトハンザ・マイレージのシルバー・カードのおかげでラウンジで休憩。
 遅れの影響で朝9時にミュンヘンに着くはずが、6時間遅れの3時になってしまいました。 そのミュンヘン空港でドイツ勤務の友人と無事会えたのですが、成田から携帯メール、フランクフルトから留守電と窓口伝言を頼んだものの通じず、6時間待っていてくれたそうです。 感謝感謝。

 
 
 
 
 
2.
ドイツ国内観光

 
ビアホールで現地の友人とおクルマ 現地友人の奥さんと同行の友人
現地の友人と
ビアホールで
現地の友人の奥さんと同行の友人

 
 予定では到着後市内観光をしてくれるはずだったのですが、遅れたせいでその日は散歩程度に歩いて、有名なビアホール(Hofbreuhaus)に連れていってもらいました。
 翌日は予約しておいたレンタカーで、速度無制限のアウトバーンを通ってフッセンまで行ったのですが、国際免許を取りに行けなかったので運転できなくて残念。 ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったといわれるノイシュバンシュタイン城に行きました。 外部は優雅でいわゆる外国のお城といった雰囲気で、内部も贅を尽くした広く豪華なお城でしたが、城主は10年ほどしか住まなかったそうです。 その夜はワインのお店に連れていってもらいましたが、ワインが苦手な私でも飲みやすいワインでした。

 
ノイシュバンシュタイン城 ミュンヘン新市庁舎
ノイシュバンシュタイン城 ミュンヘン新市庁舎

 
 3日目は、友人と私とでは興味が全く違うことから、別々に行動しました。 友人に任せっ切りだった私は、今回ガイドブックや日常会話集も持って来ていませんでした(ちなみにミュンヘンの位置も知らない)が、市の観光案内所で市内地図を買い(印刷代程度の廉価)、街中をブラブラと歩き回りました。 デパートやオモチャ屋で買い物をしたり、地下鉄・路面電車・バスで足を伸ばしてBMW博物館に行ったり、結構楽しかったです。 写真の新市庁舎にはカラクリ時計があって、日に2度だけ動きます。
 その夜も勤務後現地の友人が食事に連れていってくれましたが、ソーセージのお店で、いろいろなソーセージでビールを飲みました。

 
前編(往路・ドイツ)
後編(カナダ・復路)
クルマ見て歩き

 
 
 
<< パリとモンサンミシェル
空を飛んでの旅MAIN
おクルマの間MENU
旅のTOPページ
掲示板

 
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO